電子カルテがあれば仕事の効率化を図れる!

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を売却する方法と目的

握手

M&Aを利用するメリット

会社売却でまず考える必要があるのが創業者利潤です。会社を立ち上げた創業者へ相応の収益が入るように売却をする必要があるのです。この場合、2つの方法があります。M&AとIPOです。M&Aは専門のコンサルタント会社に仲介を頼んで会社売却をする方法で、多くの会社が利用しています。IPOというのは株式公開をして証券取引所に上場し、持ち分の株式を売却するという方法です。多くの会社売却はM&Aによって行われますが、その理由は準備期間が短くて短期間で売却することができるからです。さらに大量に持っている自社株を一括で売却しやすいため、現金をすぐに手にすることができます。会社売却の時には負債状況や経営状態を調査されます。なぜかというと負債が多い会社を買収してしまうと負担が大きくなるからです。会社売却では経営状態が順調な会社ほど、売却がスムーズにいきます。しかしM&Aを利用すれば、例え負債があっても技術力などがあれば売却することができます。会社売却の理由には色々ありますが、中小企業で多いのが後継者問題です。後継者がいないために経営状況が良くても会社を続けられなくなります。このような時は株式譲渡で会社売却を行います。これによって技術を継承できますし、従業員もそのまま働くことができます。またこれまでの事業運営にオーナーが飽きてしまうことがあります。そのような場合も会社売却をして、新たな事業に転身することができます。