電子カルテがあれば仕事の効率化を図れる!

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加
会議

行いたい事が準備内容です

歯科内覧会では、印刷物を利用して自院のコンセプトを書き込み、利用者の理解に繋げていく事などもできます。 内覧会当日の作業を項目別に記し、詳細な内容を追っていく事で必要となるものが把握可能になります。専門業者に依頼する事もできるため、業者の比較をしながら選択し、手間や時間を省くなども行えます。

相談

利便性の高い利用方法

工場を新規で建設しようとすると様々な制約を受けることになります。実際に工場が新規稼働するまでの期間は数年単位でかかることも珍しくありません。そこで利用したいのが貸工場です。大阪近辺ではまだまだ供給量があるのです。

握手

会社を売却する方法と目的

会社売却で利用されるのがM&Aです。準備期間が少なくても短期間で売却ができます。株式譲渡という方法を取れば創業者利潤も確保できますし、従業員もそのまま新しい会社で働くことができます。会社売却は後継者がいない場合に行われます。また新規事業を立ち上げたい時、会社を売却することによって実現できます。

カルテの電子化

オフィス

電子化するメリット

医療の現場では、患者の情報を記録するために必ずカルテが使われています。カルテには既往歴など、診療にかかせない情報が書かれていますね。このカルテを電子化することのメリット、ご存じですか。電子カルテの利点ですが、まずかさばらないということが挙げられます。紙のカルテはファイリングが大変ですし、診察のたびに該当患者の分を用意しなければなりません。受け渡しの際に紛失することもあります。電子カルテだと、検索すればいいので、事務方の負担も減ります。また、広い病院の場合だと、ほかの診療科との情報のやりとりが容易という点があげられます。例えば患者が内科で診察を受け、放射線科でCTを撮ってもらい、再び内科へ戻ってくる、という場合ですね。そこで脳に問題があれば、脳神経外科のほうへ回す。こういったやりとりは、電子カルテだと非常に楽にできます。ただ、電子カルテを使用するときは現場の医師がコンピュータに習熟しており、使いこなすことが大切です。地震や津波などの災害で、インフラが途絶えたときのため、しっかり対策を練っておくようにしましょう。しかし、こうした点を差し置いても、電子カルテを導入することは、医療現場の効率化に貢献すると言えるでしょう。肝心の導入コストですが、自治体の補助金を利用し、病院の規模にあったシステムを運用することで、ある程度抑えることが可能です。最近では、リースも増えているので、昔ほど敷居が高いシステムではなくなりました。